会津田島 祇園会館  臨場感あふれる空間で田島祇園祭を再現
TEL 0241−62−5557  FAX 0241−62−5558

Twitter  Facebook

2016年10月13日

新米しんごろう!

お待たせしました。新米が取れました。

大人気 祇園会館の「しんごろう」今年も始まります!!

maigorou.jpg

10月15日(土)〜11月27日(日)
土日祝日 限定
11時30分〜 売切次第終了

●1本180円、 6個入パック 1,000円
ご予約、承ります。 お持ち帰りも出来ます。

●お得な「しんごろう付ランチ」やってます。
しんごろう1本+里山バイキング 1,000円

■しんごろう実施日には、くじら汁も限定販売します。

■以下の日は、イベント出店のため会館での販売はお休みします。

※10/29(土) 軽トラ市会場(阿部電機前)にて、9時〜14時(売切れ)まで。
※11/12(土)、11/13(日) 『まるごと南会津観光PRフェスタ会場』(東京上野恩賜公園噴水広場)にて販売。東京近郊のお知り合いの方に、ぜひご紹介下さい。


※郷土料理しんごろう
南会津田島地区では、特に新米の獲れる頃に食べられている郷土料理です。
新米の収穫を祝い、一年の労をねぎらう しんごろう。

炊き立てのご飯を半殺し(粒が残るくらいに潰すこと)にし、卵型に握り串にさし、じゅうねん味噌(甘味噌味にしたじゅうねん)を塗り、炭火で香ばしく焼き上げたものです。

しんごろう006.BMP

しんごろう003.BMP

しんごろう010.BMP

PB230819.JPG

※じゅうねん(エゴマ)
この地方では『エゴマ』のことを『じゅうねん』と呼んでいます。エゴマは東南アジアが原産のシソ科の多年草で、必須脂肪酸のオメガ3(αリノレン酸)が豊富に含まれており、花粉症・アトピー等のアレルギー症状の抑制、生活習慣病やダイエット効果もあることが最近の研究でわかっています。『じゅうねん』は『十念』とも書きます。十年長生きする。と、言われるほど栄養価が高く健康に良い食品と言えます。

※くじら汁
昔は安価でたくさん手に入ったくじら肉を使った郷土料理。
寒い冬に向けて、貴重なたんぱく質と油を摂取する機会でもありました。
しんごろうと言えばくじら汁がセット。濃厚な油が野菜のお汁にコクを出してくれます。

くじら汁.jpg

しんごろう予約販売もできます。
衹園会館 TEL:0241−62−5557
posted by スタッフ一同 at 11:54| 福島 ☁| イベント告知 ・ 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする